夏季の新型インフルエンザ養生夏常用のご種類の薬浴法

燃え上がる夏の日,新型インフルエンザ、痛快にお風呂に入って、神が鈍感さわやか舒.水中には薬を加えて、体が涼しく、フィットネス美容、殘暑、熱い特殊機能があるという.いくつかの夏の紹介常用薬浴法.

P翠浴:

をスイカ翠衣(スイカの皮)は若干、皮を搗き汁汁で塗りの身で、ご~ろく分後で温水洗浄、または直接瓜皮でこすって拭いて数分、水洗い純.また、あせもを防ぐためには、よく洗いますと、肌がなめらかになります.

P菊浴:を菊の適量、煎じかすへ行って、加入浴水で洗って,泡にじゅう分ぐらい、水洗い純.この浴が暑気を払って、明目,清火、脳の功、最も宜知力労働者の洗浴.

スイカズラ浴:スイカズラ浴:

仁丹浴:

一鉢の水、大人に包仁丹、小児に半バッグ、練りに溶解して、そして原則入浴入浴後清、皮膚が涼しくて、気持ちがのびのびして、暑気を払って、熱に役立つを取り除いて、元気を回復させる.

香酢浴:

で入浴中に参加して少し香酢、常規の入浴、入浴後感覚渾身のは心地良くて、しかも髪柔らか光沢、整理しやすい.(原載于A中国の漢方医薬の報张虹)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です