季節性インフルエン

インフルエンザはインフルエンザウイルスによっておこる気道感染症です。季節性のインフルエンザは毎年12月から3月に流行し、風邪によく似た症状が現れます。流行性感冒とか流感とも呼ばれています。季節性インフルエンはどんな特徴がありますか?

一生のうちに何度もかかります
インフルエンザウイルスは小さな変異を繰り返すため、以前にインフルエンザに感染して免疫ができている人でも、もう一度インフルエンザにかかる可能性があります。

流行季節があります
主に冬季に、地域や学校などで流行します。 インフルエンザの潜伏期間が1-2 日間ですから、感染力が強いです。感染者が短期間に集中的に発生できます。

症状が強いです
高熱、倦怠感、食欲不振などの全身症状が強く、頭痛や関節痛・筋肉痛など、 呼吸器以外の症状をしばしば伴います。

合併症があります
気管支炎、軽度の肺炎、中耳炎などがよく見られます。重大な合併症として、急性脳症や重症肺炎があります。乳幼児や高齢者ではインフルエンザにより稀に死に至るケースがありますが、その原因としては、乳幼児では急性脳症が、高齢者では細菌性肺炎が多いと考えられます。

予防接種が有効です
予防接種は季節性インフルエンを予防する方法です。予防接種により、免疫のない人に抗体を作らせることができます。インフルエンザの発症頻度や入院の割合を低減させますが、感染を完全に予防することはできません。

☟ED治療薬