散らかる部屋を創新型インフルエンザ造性

あなたが好き

に乱れた部屋はきれいな部屋ですか.家は研究し発見して、部屋がきれいにするかどうか、人の感情、趣味、気分や力が著しく影響.

1つの実験の中で、研究員は34名の学生を二つのグループに分けて、その後2組の学生はそれぞれに面積、配置、光環境条件などの同じ2つの部屋.しかしと違うのは、部屋にあるものを置いて整然として、別の部屋は積んで雑物、ばらばら.そして、研究者はそれぞれ2組の学生アンケートを記入し、彼らに一度慈善寄付.最後に、彼らは機会があって选択両種食べ物:リンゴと巧克力棒.

最後に統計してくる結果:きれいな部屋での学生の多くは参与した寄付金は、本組学生の82 %占めて、その他に1組の生徒の部屋に入り乱れて、わずか47%の学生参加献金した;食品の選択について、きれいな部屋の間に入る学生のほとんどが選択したりんご、ため入る散らかる部屋の学生多数が選択した巧克力棒.今回の実験では、科学者は発見して、きれいな部屋させやすく良好な飲食、そして人を更に加熱に熱心社会公益事業.

そして、34人の学生が再びランダムを二つのグループに分け、それぞれに割り当てられてきれいな部屋や散らかる部屋.研究者の2組の学生の要求を挙げ卓球の新たな遊び.その結果、身が散らかる部屋の学生が挙げた新たな遊びよりも明らかに富んだ想像力、非常に興味深い.

人々は通常は、部屋を綺麗に片付けてとてもきれいな人には、良い習慣で、部屋が散らかっての人は汚い、などの印象が悪い.しかしこれらの実験で、乱れた部屋は人を常に好奇心と創造力.だから、もしあなたはだらしない怠け者、次回あなたの上司やルームメートはあなたを非難する時、あなたはこの実験結果で反撃して彼らの創造力の不足、彼らを笑う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です