新型インフルエンザについて

A型には人に感染する【人型】と、鳥に感染する【鳥型(いわゆる鳥インフルエンザ)】があります。
人間社会で、毎年流行する人型インフルエンザのA型は、A香港(H3N2)と(H1N1)2009です。A香港(H3N2)は1968年に、(H1N1)2009は2009年に、新型ウイルスとして登場し、毎年少しずつ変異しながら流行を続けています。
ところで、カモやアヒルなどの水鳥(水禽)は、多くのA型インフルエンザウイルスを持っています。つまり、地球上に存在するインフルエンザの大半が、鳥インフルエンザなのです。カモやアヒルなどの水鳥(水禽)では、通常インフルエンザウイルスは腸管内にとどまっており、病原性を示すことはほとんどありません。ただし、ニワトリやウズラ、七面鳥などの(家禽)に感染したとき、病原性を示す場合があります。
ただし、病原性を発揮したとしても、大部分は低病原性で家禽を死に至らしめることはありませんが、もともと強毒株であったか、あるいは感染を繰り返す間に遺伝子が変異して、強毒株となったものが“高病原性 鳥インフルエンザウイルス”といわれます。本来、「高病原性」という表現は鳥に対して高病原性であり、人に対する高病原性ではありません。しかし、現在流行が懸念されているH5N1型のインフルエンザウイルスは、鳥だけでなく人にも高病原性を発揮します。
新型インフルエンザが発生するには、次の2つのしくみがあります。
①.一つは、A型には、人に感染する【人型】と、鳥に感染する【鳥型(いわゆる鳥インフルエンザ)】があるわけですが、豚は人型、鳥型の両方に感染します。そこで、豚の体内で人型と鳥型が混ざり合って新型ができる場合です。
②.もう一つは、鳥型が、人や鳥類の体内で変異し新型となる場合です。
今、日本で流行が懸念されているタイプは、H5N1で、1997年に香港で発生して以来、アジア各地で発生が認められています。はじめは、鳥→鳥の感染 でしたが、次第に鳥→人の感染もみられるようになったため、これまでに1億匹を超える家禽類が淘汰されましたが、残念ながら撲滅することができず、定着し た感があります。また、最近では、人→人の感染を疑わせる症例も確認されてます。本格的に人→人の感染をするようになると、鳥インフルエンザは、新型イン フルエンザという名前になります。

シアリスで活力全開! | EDを治療する薬