新型インフルエンザの流行

新型インフルエンザはただいま流行時期にあたります。そのインフルエンザのい対策に関して、どうすればいいでしょうか?本ブログによって、少し説明させていただきます。このように野菜には、それぞれの種類によって、さまざまな薬効と栄養など一口では表せないくら いの特色があります。人間からみても、それを食べることで、それぞれブラスとマイナスの両方を合 わせもっています◊また、最近はこれらの野菜の一品ずつを取り上げ、栄養学上での栄養価値と伺じように効能やブラス面ばかりがひとり歩きし、発ガンを抑えるきのこが良いとされると、そればかり 常食し、多食している人が多くあります。漢方的な本草、知識のみが先行して飛びかうことや、泶養 成分の良さだけが突出して一面だけとりあげるのは注意しましょう。

インフルエンザと果物として、これらの野菜類の大まかな性質と旬を知り、葉菜、根菜、果菜などを陰陽調和して料理し、とり入 れることが健谢づくりの基本なのです。とくに未病のある人は、繰り返して言いますが、西洋野菜よ り露地ものの生命力あふれた、日本の大地に根ざして適応したもの、あえものや煮ものという和食に 合う和野菜を見直し、食べることをおすすめします。また、ナス科やゥリ科の豆などの野菜は、夏期のみ陰陽調和して食べるとよいでしょう。これらはすべてインフルエンザを予防することができます。

インフルエンザ予防の為、現在は、日本で料理に使われる野菜の原産地が日本であるものは限られていて、大部分は外来野菜 です。さつまいもやキャベッがその昔、外国から入ってきたように、今後ますます諸外国からの輸入 がふえてくるでしょう。イタリア料理にトマトは欠かせませんが、イタリアに入ってきたのは、一五五四年に初めてトマトに関する記述があることから、現在のように赤い大きなトマトになるには二世紀の歳月がかかっています。この時の流れと栽培の技術によって、トマトはィタリアの風土に根づいたと言えます。

このように、日本でも今後、日本の風土に合えば、外来の植物がもっと同化して入ってくるであろ うと考えられます。そのときに、陰陽の兒方で、その植物の特性を知ることができるのです。

喘息の症状表現は何ですか?!

花粉症治癒方法

喘息の関連情報