新型インフルエンザの流行

この時期に、新型インフルエンザはとても流行しています。季節の変化は早いので、たくさんの人たちがかかってしまうという原因になります。性質として、野菜はもともと、野性の植物であったものを、先人が山菜や野草の中から、味が炱く、食用に適するものを選別、栽培してきたものであリます。
山菜や野草の中には毒を含むものも多 く、これをみごとに選別した先人の知患には驚いてしまう。また、涛索や、人が食べると 害を起こすものは、ァク抜きしたり、さらしたりして食することを、生活の知患で行っている。山菜や野草は:年で一番おいしい季節が春で季節感を味わいながら少量食べるの が良い。野菜に比べ生命力も強く、ヵリゥムなども多く含まれているので、昔の人はさら して調和し、保存などに工夫して食べていました。
以上のインフルエンザの対策方法以外、別のものもあります。山菜類には、わらびのように、変輿晾物質などを含むものもあり、涛として働くものもあ る。春、若芽の出る時期に過食しないよう、ァクのきついものはァク抜きなど、昔の人の 知恵を生かして、不調のときのとりすぎに注意が必要である。山菜•野草を煎じるときも、 一品だけで用いず、最低5種類くらいのものをブレンドするようにして、調和して調理す るほうがよい。ドクダミやスギナを単独で飲むと身体を冷やし、湿疹などが出たりします。
性質として、茎を食べる野菜。アスパラガスど、ふきや、根苯を食べるくわい、れんこんなどがあ る。葉菜に比べると陽性の性質のものが多い。とくにれんこんは跤も陽性。ふきも北海道 のように北へ行くほど、大きく育つところからみて陽性であリます。
効用としてれんこんのしぼり汁は、咳止め、喘息の発作止めの効果がある。また、貧血予防にもなり、 虚弱体質に良い◊ふきも、昔から咳を鎖め、痰を切ると言われています。

☟汉方精力剂