新型インフルエンザ弁護人雨ニモマケズは字

見守る天使

昔ある、とても上品ぶる、文章をたしなむ.時々出しの字は、大臣賞評!

大臣達我先にと賛美国王の字、自慢の言葉と.

国王を賛美の声の中でうなずいて微笑んで、意味深なのはこれらを見て大臣たちを持って、彼の字のような宝宝,.

ある日国王は出して自分の書いた字大臣賞評させ、衆臣も話して、一人だけ低い臣下職に立って遠くはないこれらの大臣を賛美する前.

国王もない彼を呼んで来て聞きます:“あなたはどのように感じ、朕の字を見るに堪えないですか?なぜか?」

この職務の低い臣下ず恕臣直言は陛下の字がぞんざい乱れて、いくつかの字も書き間違えた臣は本当に見えない何か、どうする?

国王が彼の話を聞いて怒って全身ぶるぶる震えて、顔色が真っ靑になった.

衆大臣顔色が全て見え国王、土下座請求国王厳罰このけしからんの臣下.

国王冷笑道:朕君を殺して、あなたはまだこんなことを言うのか

臣下の頭を上げて胸を張って言う:“よしは良い、悪いはよくないならば、よくない良い、私は王様の字は進歩した.その国がなかったから言える言葉は遅かれ早かれ実であった、この王朝と何の意味がある?むしろ死んだ.

国王額に靑筋です、黒い顔、憤慨する大胆、よくも暴言を吐くことが欲しくない、頭をしましたか?

衆大臣の目がスッ、全て臣下のせいにする.叱るが、まだ不快にひざまずいて謝罪!

臣下軽蔑の見た衆大臣目:殺す殺す、言う必要があるか?

国王拍案而起、一喝:を……

何人の侍と猛獣のように、身の宝剣を抽出、架彼の首に.

臣下に鋭い剣、高仰頭、少しも恐れない.

ひとしきり群臣達を動かし、殺すべき事を糾弾する……殺すべき……

国王叫んだ:"突き出し、切った.」

臣下侍従押しを待たずに、自分から越えて……

突然、国王を生やし、賞賛に値して、ほほほ笑ってあいさつは「いい臣、臣下!早く帰ってきてください……>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です