新型インフルエンザ果物

新型インフルエンザはただいま流行時期にあたります。そのインフルエンザのい対策に関して、どうすればいいでしょうか?本ブログによって、少し説明させていただきます。さつまいもはビタミン仁、食物繊維、ミネラルが豊宫。また、糖質分が多く、カリウムも 多く含まれるので、食べすぎると胸やけがする。馬鈴薯は、南アメリカのアンデスが原産地で、昔はアルカロィド系の毒素ソラニンをもつ といぅことで、铤草とされ食用にされていなかった。緑色の皮の部分や芽の部分にこのソ ラニンを多く含む。ナス科の植物でカリウム、ビタミンCを多く含んでいます。

このよぅにいも類は、槌類が多くあり、デンブンの含有が多いところから、葉野菜類に比 べて、中庸に近い性0をもつ。〈効用〉山のいもは、健胃、整腸に良しとされ、滋養強壮、はれものに良い。里いもは里いも湿布として外用薬に使われ、消炎効果がある◊ムチンが胃腸もよく整え、 内臟を強化し、産後の肥立ちの悪いとき、元気にしてくれる。さつまいもは便通をよくするので、便秘がちの人におすすめ。

馬鈴薯は胃を強くするが、他のいも類に比べると、過食は身体を冷やすので要注意。性質として陸に生息する植物の中で最も陰性のものとされる。肉類の消费とともに、消費量がふえて いる◊しいたけ、しめじ、木くらげなどがある。現在のきのこの生産は、不自然な人工栽 培が多い。干ししいたけも太陽のもとで乾燥したものでないとビタミンDはないので、干ししいたけを買ったら、家で干すと良い。常食は控えます。肉食をする人には、抗ガンの働きがあるとされている。また、nレステQ—ルを下げる。 のぼせ性や冷え症の人は注意が必要。調和して食べることが大切。木くらげは、肌を美しくする働きがあり、婦人科系疾患に良いとされています。

☟女性不感症