新型インフルエンザ5人は男を不妊させる

日本の医師文学者は渡辺氏は、多くの男性が結婚後、女性よりももっと強烈に後代にほしいと思ってます.彼は著書『男というもの』で分析し、男は自分の子孫、自分の子孫を渇望し、その原因は永遠に存在することを希望していますと分析している.女には子供の期待は、自分の好きな人生の子供、男は自分の種子を自分の種にして欲しいと思っている.

男は,新型インフルエンザ、妻に受胎させることで誇りに思う、自分から子孫の子孫の事実から巨大な自信と安心感を得ると自負している.渡辺氏は.そのため、妻に受胎させてはいけない、男は自信、精神がひどく挫折することができることを発見します.

p>は台灣ドラマ<上演の文学ドラマ『ミカンの赤くなった』は、俳優寇世勋演じる男性の主役の因と嫡妻、二妻もできない出産児と女、子孫を殘すために、また結婚年齢数が娘の3.皮肉なことは、二、三老婆が次々と出産、妊娠中、男性主人公がぬっとと医師の診断で不妊のは自分自身.不妊、裏切りの二重ショックの下、画面上の主人翁が全身震えている.

男性は、男性の威風がPとして、PとしてPとして、PとしてPPの男性は多くの不妊症の男性に、どの搗兆も見せない.彼らはなく女月経不規則、痛みや生理性交痛みなどの体の警讯するように、彼らこの注意出産の方面の問題.

また、性生活は円満に生活が円満に、男性たちが自惚れる、男性の威風を維持するためには、子孫を保証する能力を保証するために、実際には.

9割を超える男性不妊は、精子の生産や機能が問題になりそうです.製造から精子、精子成熟し、輸送精子、と卵子の結合、この道は少しないことは、別の半分は受胎.

例えば,工場に不足している人は、工場も動作もしないし、何も知らない(精不足症);または製造した精子品質が悪い、うまく卵子と卵子などができないという人がいる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です