筆墨相伴新型インフルエンザう

珂?

はむかしむかし、非常の男女という、ハンサムで、勤勉で、ペン.と言って、墨.彼らはそんな深く相手、彼らはいつも互いにで編みの夢……
しかし彼らまさかの、彼らの結合が四方八方からの妨害を受けて、これからは色即是空墨で、ペンの情海でもがいて.一つの手を伸ばして見えない無指の夜、白髪のおばあさんはなびき、これは愛する人は言います:“遠い奇古拉山は1粒の(真夏のような草)芝、君たちが得られる芝1人の半分食べ、その君たちは地生きているから.」
ためにことができるため、と好きな生きても一緒に、筆の道はどんなに遠く、旅はどんなに苦労もこの心(真夏を見つけるように草)芝.一人の夜でないと、ペンを決めて出発した.墨を涙ながらに送別の好きな筆.泣かないで、きっとこの心(真夏のような草)芝、あの時あなたは私の本当の花嫁.私は帰って来て、私を待っていて私の.」
筆を詰まらせる」と言っている.私は泣いて、私はあなたの帰りを待つ .ただの旅に多い艱苦、お大事に、私はあなたの帰りを待つ、待っているあなたの花嫁.墨が涙を流していて、泣いて二度とないと言って、弱小の体は夜空の下にはそんなにの無力.筆をしっかりと愛する墨筆を運ぶ、キスの顔は、心から筆、いつ帰って.見つからないのならこの心(真夏のような草)芝と、ある意味彼は二度と彼に会えない愛する墨ました.この心(真夏のような草)芝、を探し当てることができるかどうか、彼も知らない……目が合い、なみだが立ち込めて……

帰りましょう、帰り道が黒に忍びない君が一人で歩いて、私はすぐ帰ってきた.筆をくわえている涙一歩三振り向いて、旅に出る.夜空に殘した墨の泣く声が響いて、長い間.墨じっとそこに立って、筆の後ろ姿に夜空に消えてく、墨は立ち去る.筆が歩いた後に、墨毎日ある待って彼が帰ってくると、彼女は彼を祝福して、彼のために.墨わかっ筆は彼を愛して、すぐ帰ってきたペンクラブ.来る日も来る日も、春が来た春は、花が咲く花は落ちて筆、なかなか帰ってこない.

で筆、苦労を歩いた中村さん、倍増する山また山.、の下で、氷、通した道.筆を手に、一掬一掬、掘り起こして、両手は、血だらけで、筆止まらない、歩き続けて、夏、炎天、ペンを干した眩む、筆を顧みないで歩き続け、慌ただしい足取り、心の中の愛のために、早く会いできるために、墨筆は止まらないに、あの星を探して(真夏な草)芝.

黒い黒い髪が、、花白、美しい顔から一転、筆、ニュースがない.墨を決めて、もはや、墨にある、架け小屋、墨をここでなどなど、ペンに帰ってきて、それぞれの場所など、着筆……

筆の靴が破れて、筆の足、長い通行して、堪えられない、非情>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です