老年痴呆症予防に毎日3杯飲む緑新型インフルエンザ茶

p>と<アメリカ最新号の《臨床栄養学ジャーナル」によると、日本の一つは研究し発見して、毎日堅持して2~3杯飲む緑茶、人々に罹っ老年(老年痴呆症の確率を食品)が半分ぐらい.

になっていると、毎日少なくとも二杯ぐらい緑茶を飲んで、その人の中、老年痴呆症の罹患率は最低です.逆に、毎日1杯飲む、または完全に緑茶の人には、老年痴呆症の人は多く、前者よりも半分ほど多い.

どうしてこのような状況が現れますか?研究者は、緑茶に含まれるカテキンに大きな関係があると説明しています.カテキンは、緑茶中茶ポリフェノールの主要成分,も1種の重要な抗酸化物質を一掃することができ、人体に有害の自由な基が深まり、予防・改善アルツハイマー病の症状が強い効果.より重要なのは,茶ポリフェノールは水溶性物質、強い拡散能力を持っている.そのため、カテキンが順調に体の生理的な障壁、中枢神経システムと全身の他器官、これらすべてが老年痴呆症予防作用を強化している.

研究者として、毎日3杯以上飲む緑茶の老人だけでなく、認知症の確率が低く、彼らは全体の記憶力、集中力と言語の使用により明らかに多く能力も、ふだん緑茶を飲むのは比較的に少なくて、あるいは緑茶を飲む人がない.日本は緑茶の民族だから、調査表示 ,新型インフルエンザ、日本老年性痴呆症の発症率は明らかに欧米地域よりも低いということです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です